VCP6-DTM認定2V0-651勉強資料が暗記してた問題の応用問題は役に立ちます

VCPには、Data Center Virtualization(VCP6-DCV)、Desktop and Mobility(VCP6-DTM)、Network Virtualization(VCP6-NV)、Cloud Management and Automation(VCP6-CMA)の4分野があります。
VCP6-DTM認定資格は仮想化エンジニアとして働きながら、より上のキャリアを目指す方におすすめです。
VCP6-DTM認定の難易度はProfessionalです。
PassexamのVCP6-DTM認定2V0-651問題集を一通り学習した後、試験に合格することができます。
弊社のVCP6-DTM認定2V0-651勉強資料が暗記してた問題の応用問題は役に立ちます。
弊社のVCP6-DTM認定2V0-651参考書を選択した場合は、知識を統合するために時間とエネルギーを大幅に節約することができます。
VCP6-DTM認定2V0-651問題と解答は直後に解決方法を差し上げます。

1.An administrator needs to ensure that the Horizon View environment accounts for single points of
failure.
Which type of server should the administrator install in addition to the Horizon View Connection server?
A. vCenter Operations for Horizon server
B. Security server
C. Replica server
D. Mirage server
Answer: C
2.An administrator needs to provide access to applications for users regardless of whether the users have
network access.
Which two VMware components should the administrator choose? (Choose two.)
A. VMware Workspace
B. VMware ThinApp
C. VMware Horizon View
D. VMware Mirage
Answer: B, D
3.An administrator needs to create 1000 virtual machines with minimal shared disk space. Additionally,
the administrator needs to be able to update the images while ensuring that the users’ information is
managed in a central location.
Which VMware components should be used to meet the requirements?
A. VMware Horizon View with Persona Management
B. VMware Horizon View with vSphere Data Protection
C. VMware Workspace with vSphere Data Protection
D. VMware Workspace with Persona Management
Answer: A
4.What two prerequisites must be met before View Composer can be installed? (Choose two.)
A. No other application on the View Composer server should use Windows SSLv2 libraries.
B. A domain user account with Administrator privileges on the system must be used.
C. No other application on the View Composer server should use OpenSSLv2 libraries.
D. A local user account with Administrator privileges on the system must be used.
Answer: A, B

VCPでは2年の有効期限が設定されており、2年以内に更新の手続き(後述)をしないと、せっかく取得した認定資格が失効してしまいます。2年は早いのでは?というご意見もございますが、vSphereは約2年ごとにメジャーバージョンアップもあり、テクノロジーも大きく進化します。常に最新のテクノロジーに対応した認定資格をもっていることが認定資格としてのあるべき姿だと考えます。

VCP6-DTM認定2V0-651試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

+セクション1:Horizon(Viewで)サーバーコンポーネントをインストールする
+セクション2:(ビューを使用して)環境を設定する
+セクション3:プールの作成と構成
+セクション4:トラブルシューティングの地平線(ビュー付き)
+セクション5:VMware Mirageのインストール、構成、および管理
+セクション6:VMware Workspace Portalのインストール、設定、および管理

VCP6-DTM認定2V0-651試験では、VMware vSphereの実装に導入されたView™6.x環境でのVMware Horizonの実装、インストール、設定のスキルと能力をテストします。
もし、VCP6-DTM認定2V0-651試験材料を使用してから、不合格の場合、弊社で購入したお金を返金します。
受験者は弊社のVCP6-DTM認定2V0-651学習資料の参考に使用してから、出題内容を習得することができます。
他のお客様のフィードバックによって、弊社のVCP6-DTM認定2V0-651問題集で受験した、664点を取りました。でも、合格オンライン点は453点です。

【試験コード】
2V0-651

【受験日】
2017/01/02

【合格点】
300点

【取得点】
453点

【受験回数】
1回目

【学習期間】
一週間

【問題数】
85

【出題形式 】
単一選択,複数選択

【試験時間 】
75分

【参考にしたテキスト/Webサイト】
講師によるトレーニング:Horizon (with View): Install, Configure, Manage [V6]
Passexam問題集

【学習方法】
Passexamの問題集を4日ほど練習し、問題と解答を暗記、90パーセントの正解率で試験に挑む。

【試験の感想】
Passexamの問題集の的中率も、90パーセントくらいです。
2V0-651の試験対策としてはとても良い。試験でも模擬試験と同じような問題がでました。役に立ちました。ありがとうございました。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *