VCP6-CMA資格2V0-631勉強資料を一通り勉強したら、きっと試験に合格することができます

VCP6-CMA資格を利用すると、専門技術の開発展開を実行できます。取得のために学習して得たものは、専門の知識を理解するための基盤となるため、受験者や企業にたいへん人気があります。
どのような方が受験されていますか。技術者がご自身のレベル、現在の実力を図るために受験されることが多いようです。
2V0-631試験に合格すれば、VCP6-CMAの資格を取得することができます。
独学で、VCP6-CMA資格2V0-631試験に合格したら、Passexamを使用してください。
最新のVCP6-CMA資格2V0-631問題集での学習においても正確な暗記を心がける必要があると思います。
弊社のVCP6-CMA資格2V0-631勉強資料を一通り勉強したら、きっと試験に合格することができます。
弊社のVCP6-CMA資格2V0-631受験対策は30時間ぐらいの短期の育成訓練でらくらくに勉強しているうちに多くの知識を身につけられます。

2V0-631試験概要:

「VMware Certified Professional 6 – Cloud Management and Automation Exam」 試験 (2V0-631) は、制限時間 120 分、出題数 85 問、試験言語 英語及び日本語、試験形式 単一選択及び複数選択、合格ライン 300点、受験料 250米ドルのVCP6-CMA認定に関連する試験です。

弊社のVCP6-CMA資格2V0-631テキストを使えば、高効率と情報技術の分野で働くことができます。
弊社のVCP6-CMA資格2V0-631勉強材料を使えば1週間で合格できたと思いますが、あえて時間をかけて勉強することができます。
最新のVCP6-CMA資格2V0-631勉強材料を学習したら、300点以上に取得することができます。
弊社のVCP6-CMA資格2V0-631学習材料を使用すると、常に高いレベルに到達するための独自の知識を向上させています。

2V0-631試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

+ Section 1: Install, Configure and Upgrade vRealize Suite Components
+ Section 2: Administer vRealize Automation Users, Roles and Privileges
+ Section 3: Create and Administer Cloud Networking
+ Section 4: Configure and Administer Tenants and Business Groups
+ Section 5: Allocate and Manage vRealize Automation Resources
+ Section 6: Create and Administer vRealize Automation Components
+ Section 7: Monitor and Troubleshoot a vRealize Automation Implementation
+ Section 8: Configure and Administer vRealize Orchestrator
+ Section 9: Configure and Administer vRealize Business Standard

弊社のVCP6-CMA資格2V0-631問題集の正解率が9割を超えるまで繰り返し、試験に合格することができます。
弊社のVCP6-CMA資格2V0-631試験材料は一番高品質で低価額で、試験の問題が絶えず切れない更新でテストの内容ともっとも真実と近づいてお客様の合格が保証いたします。
弊社のVCP6-CMA資格2V0-631勉強材料を使用すると、正解率は必ず合格を超えてます。
VCP6-CMA資格2V0-631無料サンプルをダウンロードして操作慣れしたほうがいいかと思います。

1.The Goal Navigator assists administrators in which two ways? (Choose two.)
A. Lists all the steps to complete the tasks.
B. Lists all the prerequisites to complete the task.
C. Validates that a task has been successfully completed.
D. Provides details on how to complete the forms for a task.
Answer: A, B

2.How can an administrator make a commonly used development environment available for end-users to
deploy?
A. Use vCenter Server templates to deploy the virtual machines needed for the service.
B. Use the Service Catalog to publish the virtual machines needed for the service.
C. Use the vCloud Connector to deploy the virtual machines needed for the service.
D. Use vRealize Application Services to deploy the virtual machines needed for the service.
Answer: B

3.Senior IT leadership wants information to help determine workload placement and tradeoffs between
buying new hardware or using a public cloud provider.
What VMware product provides that information?
A. vRealize Business
B. vCenter Chargeback
C. vCenter Configuration Manager
D. vRealize Operations
Answer: A

4.What vRealize Automation feature uses a library of standard components, or services, to automate and
manage the update life cycle of deployments?
A. Application Services
B. Service Catalog
C. Orchestrator
D. Advanced Service Designer
Answer: A

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *