2V0-642問題集、2V0-642受験、2V0-642テキスト、2V0-642試験資料、2V0-642受験体験記

独学で2V0-642受験で合格することが非常に難しいです。
2V0-642認定試験だけ欲しいならPassexamのVCP6-NV資格2V0-642問題集の丸暗記で取れると思います。
PassexamはVCP6-NV資格2V0-642受験するのなら、じっくり勉強して高得点での合格を狙うのもいいでしょう。
弊社のVCP6-NV資格2V0-642試験資料を使用すると、試験に合格すれば君の専門知識がとても強いを証明できます。
弊社のVCP6-NV資格2V0-642テキストから類似問題が多く出題され、結果的に奏功できます。
弊社のVCP6-NV資格2V0-642参考書はPDFとソフト版が含まれてます。
PDF版 いつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。
ソフト版は真実のVCP6-NV資格2V0-642試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。
受験者は電車内で広げ頑張って勉強することができます。

VCP6-NV資格2V0-642受験体験記には、下記のとおりです

1.Passexamから結構な頻度で出題されていました
Passexamを完璧にしておけば合格できると思います

2.Passexamでやった演習のヒット率が高かったような印象がありました。
本当にありがとうございました。

3.Passexamの2V0-642問題集と類似問題が多かったので、とても助かりました。ありがとうございます。

「VMware Certified Professional 6 – Network Virtualization (NSX v6.2) Exam」試験 (2V0-642)は、制限時間 120 分、出題数 77 問、試験言語 英語と日本語、合格点 300点、試験形式 単一選択及び複数選択、受験料 250米ドルのVCP6-NV認定資格に関連する試験です。

VCP6-NV資格2V0-642試験では、VMware NSX 6.x環境のインストール、設定、および管理に関するスキルと能力がテストされます。

弊社のVCP6-NV資格2V0-642テキストの正解率が95%を維持できるようになるまで繰り返す。
弊社のVCP6-NV資格2V0-642学習資料を勉強したら、初心者としては、難しい試験ではないと思います。
最新のVCP6-NV資格2V0-642問題集はきちんと理解して本当の学習をしたほうがいいです

VCP6-NV資格2V0-642試験の出題範囲となる内容は次のとおりです

+セクション1:VMware NSXのテクノロジーとアーキテクチャを理解する
+セクション2:VMware NSX物理インフラストラクチャ要件の理解
+セクション3:vSphereネットワークの構成と管理
+セクション4:VMware NSXのインストールとアップグレード
+セクション5:VMware NSX仮想ネットワークの設定
+セクション6:NSXネットワークサービスの設定と管理
+セクション7:ネットワークセキュリティの設定と管理
+セクション8:クロスvCenter NSX環境の展開
+セクション9:VMware NSX環境での操作タスクの実行
+セクション10:VMwareネットワーク仮想化実装のトラブルシューティング

最新のVCP6-NV資格2V0-642試験材料に手をつけたときの正答率は9割くらいです。
弊社のVCP6-NV資格2V0-642練習問題集だけ完璧に学習しても試験合格は高いです。
弊社のVCP6-NV資格2V0-642試験資料を使用することにより專門的な知識を深めることが可能です。
VCP6-NV資格2V0-642問題と解答を丸暗記方法だった私は、実際の試験時の応用問題を解くのに苦労しました。

1.When creating a new security policy how is the default weight determined?
A. The default weight is equal to the highest defined weight plus 1000. B. The default weight is incremented by 100, starting at 0.
C. The default weight is equal to the highest defined weight minus 1000 D. The default weight is equal to the highest defined weight
Answer: A

2.Which two statements are true regarding L2 Bridges and Distributed Logical Routers? (Choose two)
A. Each L2 bridge instance can only map to a single VLAN
B. There can only be one instance of an L2 bridge on a DLR
C. There can be multiple instances of an L2 bridge on a DLR
D. Each L2 bridge instance can map to multiple VLANs.
Answer: AC

3.An NSX administrator is validating the setup for a new NSX implementation and Inputs this command. #ping ++netstack=vxlan -d -s1572 What is the purpose of the command?
A. It helps verify that the source virtual machine is configured with the proper MTU size foe NSX.
B. It helps verify that VXLAN segments are functional and the transport network supports the proper MTU size for NSX.
C. It helps verify that the NSX Controller is communicating with the destination VTEP
D. It helps verify that the NSX Logical Switch is routing packets to the destination host
Answer: A

4.To debug this anomaly, the user will need to obtain logs from which component?
A. The Distributed Logical Router
B. The appropriate NSX Controller(s)
C. The Edge Services Gateway
D. The appropriate ESXi Host(s)
Answer: A

5.What is the purpose of a DHCP Relay Agent in an NSX Edge configuration? A. Configures virtual machine interfaces to which DHCP messages are relayed
B. Configures Edge interfaces to which DHCP messages are relayed
C. Configures Edge interfaces from winch DHCP messages are relayed
D Configures virtual machine interfaces from which DHCP messages are relayed
Answer: A

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *