VMware VCA-DBT資格1V0-701試験資料を勉強すれば、十分合格できると思います

実務経験による試験知識がない場合、VMware VCA-DBT資格1V0-701試験合格の勉強方法を取得したいでしょうか?
もし、短期間でVMware VCA-DBTを確実に取得をしたいのであれば、Passexamの1V0-701問題集をオススメします!
最新のVMware VCA-DBT資格1V0-701参考書を繰り返し解き90%以上正解できます。
弊社のVMware VCA-DBT資格1V0-701学習材料を提供するだけではなく、いい商品を保証いたします。
弊社のVMware VCA-DBT資格1V0-701試験資料を勉強すれば、十分合格できると思います。
弊社のVMware VCA-DBT資格1V0-701試験範囲を確認すれば、勉強がてら受験出来ればと思っています。

1V0-701試験概要:

試験番号:1V0-701
試験名称:VMware Certified Associate – Digital Business Transformation (VCA-DBT) Exam
所要時間:135分
関連する証明書:VCA-DBT
質問数:50
試験製品:VMwareクロスクラウドアーキテクチャ
合格点:300
推奨トレーニング:VMware Learning ZoneのVCA-DBTトレーニングモジュール
検証済み:VMwareクロスクラウドアーキテクチャ
試験価格:$ 125米ドル(2017年12月31日までのチェックアウト時に40%の割引が適用されます)
試験言語:英語
最初の利用可能なアポイントメント:2011年8月23日
フォーマット:オンラインでのプロキシなし – 複数選択、ドラッグアンドドロップ、マッチング
試験の情報最終更新日:8月17日

VMware VCA-DBT資格1V0-701試験では、VMwareのポートフォリオに対する候補者の意識と、技術的ソリューションを特定し、推奨する能力をテストします。

弊社のVMware VCA-DBT資格1V0-701問題集で90%以上は網羅するので、正解率を高めます。
同じようなVMware VCA-DBT資格1V0-701問題が出題されるので、確認しておいたほうがいいと思います。
弊社のVMware VCA-DBT資格1V0-701勉強資料で1日ほど勉強すると、試験に合格できます。

VMware認定アソシエート – デジタルビジネス変換(VCA-DBT)のMQCは、業界で認知されている仮想化の概念を理解し、VMware製品、基盤技術、およびソリューションを認識しています。

MQCは、VMwareクロスクラウドアーキテクチャとVMwareソリューションドメイン(vSphere、vSAN、NSX、vRealize Suite、Horizon 7 Suiteなど)に精通しています。

MQCは、これらがどのように顧客の状況に適用されるかを記述し、高いレベルでソリューションを提案することができます。

1V0-701試験の出題範囲には、以下のトピックが含まれます。

セクション1 – Vmwareクロスクラウドアーキテクチャの定義と記述
目標1.1 VMware Cross-Cloud Architectreのビジョンを説明する
目的1.2クロスクラウドアーキテクチャのコンポーネントを特定して記述する

セクション2 – vSphereソリューションの定義と記述
目的2.1 SDDC(Software Defined Data Center)イニシアチブを説明し、vSphere
その中に収まる
目的2.2 vSphereコンポーネントの識別と記述
目的2.3 vSphereが解決策になる可能性のある機会を説明する

セクション3 – vSANソリューションの定義と記述
目的3.1 vSANとソフトウェア定義ストレージ(SDS)
目的3.2 vSANコンポーネントの特定と記述
目的3.3 vSANが解決策となり得る機会を記述する

セクション4 – NSXソリューションの定義と記述
目的4.1 NSXとSofftware Defined Networking(SDN)について説明する
目的4.2 NSXコンポーネントの特定と記述
目的4.3 NSXが解決策になる可能性のある機会を説明する

セクション5 – vRealize Suiteソリューションの定義と記述
目標5.1 Explain vRealize Suiteクラウド管理プラットフォーム
目的5.2 vRealize Suiteの製品コンポーネントを特定および記述する
目的5.3 vRealize Suiteが解決策になる可能性のあることについて話し合う

セクション6 – Horizo??n Suiteソリューションの定義と説明
目標6.1 Explain Horizo??n 7
目標6.2 Horizo??n Suiteの製品コンポーネントを特定して説明する
目標6.3 Horizo??n Suiteが解決策である可能性のあるチャンスについて話し合う

セクション7 – 顧客の要件を満たすソリューションに適した製品を推奨する
目的7.1顧客の要求を収集して分析する
目標7.2顧客の要求を満たす製品の推奨
目標7.3高度な解決策を提案する

弊社のVMware VCA-DBT資格1V0-701勉強材料の類似問題が90%近くです。
弊社のVMware VCA-DBT資格1V0-701参考書はほぼ完璧に解答できるレベルまでには、なんとか到達していたように思える。
1V0-701問題と解答を暗記しただけじゃ解けない問題が多いので、とにかく1V0-701問題集を解いて、問題を全て覚えるまで繰り返す。

1.Which is the main differentiator for VMware vSAN when compared to a Virtual Storage Appliance
(VSA)?
A. VMware vSAN is integrated into the ESXi Kernel.
B. VMware vSAN can be implemented with external storage.
C. VMware vSAN is implemented as a virtual Appliance.
D. A VSA is tightly integrated with VMkernel.
Answer: D
https://blogs.vmware.com/vsphere/2013/08/comparing-vmware-vsa-vmware-virtual-san.html

2.Which two statements about VMware Horizon View Administrator are TRUE? (Choose two)
A. VMware Horizon View Administrator can be installed on a vCenter Server that manages virtual
machines.
B. VMware Horizon View Administrator is installed with the Horizon View Connection Server.
C. VMware Horizon View Administrator is a software service that acts as a broker for client connections.
D. VMware Horizon View Administrator allows administrators to manage Horizon View Connection Server
instances from anywhere without having to install an application on their local computers.
Answer: AB

3.Which four application services are delivered by VMware Horizon 7? (Choose four.)
A. Packaged apps with VMware ThinApp
B. Virtualized apps from Citrix
C. SaaS apps
D. Helpdesk ticketing system
E. RDS hosted apps
F. Anti-virus services
Answer: ABCE
Explanation:
https://www.vmware.com/techpapers/2014/application-delivery-options-in-vmware-horizon-10430.html
https://www.vmware.com/content/dam/digitalmarketing/vmware/en/pdf/products/horizon/vmware-horizon-
7-datasheet.pdf

4.Which feature of VMware vSphere will automate the process of migrating virtual machines to fewer
hosts during times of low workloads?
A. FT
B. EVC
C. DPM
D. HA
Answer: A
Explanation:
https://pubs.vmware.com/vsphere-50/index.jsp?topic=%2Fcom.vmware.vsphere.introduction.doc_50%2
FGUID-30922C58-F20F-487E-992B-EDFBADF59122.html

5.Which two statements are true for vRealize Business for Cloud? (Choose two.)
A. It provides costing for non-vSphere workload by directly integrating with them.
B. It provides public cloud costing, consumption analysis, and pricing.
C. It collects performance data through the agents that are deployed in the cloud workloads.
D. It provides costing for native services hosted on AWS and Azure cloud.
E. It provides Automatic private cloud metering, costing, and pricing.
Answer: BE
Explanation:
https://www.vmware.com/products/vrealize-business-for-cloud.html

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *